第6回ワークショップ(勉強会)

「参議院選挙におけるインターネット選挙運動の検証」

 開催のご案内

電子行政研究会の第6回ワークショップ(協賛:情報通信政策フォーラム)を下記のとおり開催します。奮ってご参加ください。

今年7月に行われた参議院選挙は、公職選挙法の改正によりインターネットでの選挙運動が一部解禁されて最初の国政選挙でした。今回の選挙を通じて、各党のインターネット利用や、インターネットが持つ可能性の認識が進んだ一方、現行制度の課題や限界も見えてきました。 今回のワークショップは、明治大学の海野素央教授をお招きし、ネット選挙運動の先進国である米国の状況と比較しながら、日本におけるインターネット選挙運動の課題や可能性について議論します。

開催日時

2013年11月26日(火曜日)  19時30分から 21時30分まで

場所

デジタルハリウッド大学駿河台キャンパス(E14教室)
交通・アクセス (デジタルハリウッド大学のホームページへ移動します)

テーマ

「参議院選挙におけるインターネット選挙運動の検証」

プログラム(予定)

第6回ワークショップ プログラム
時間内容・講師
19:30~20:30
講演:
米国大統領選挙におけるネット選挙運動
~オバマ陣営のメディア戦略と戸別訪問~ (仮題)
     海野 素央(明治大学教授)
20:30~20:40- 休憩 -
20:40~21:30
討論:
日本におけるインターネット選挙運動
 ~参議院選挙からの展望と課題~
司会:山田 肇(東洋大学教授、電子行政研究会副委員長)

※海野先生は、大統領選でオバマ陣営に参加し、戸別訪問等の選挙運動を行った経験をお持ちです。

※プログラムは、都合により変更となる場合があります。

参加費

申込方法

以下の参加申込フォームに必要事項を記入してお申込みください。
参加申込フォーム(こくちーず)

または、メールに以下の事項を記載し、電子行政研究会事務局 workshop@egyousei.jp までお送りください。