情報通信政策フォーラム電子行政研究会セミナー(第2回)

マイナンバーの活用はどんな未来を拓くか

第2回セミナーは終了しました。
多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。

→ 第2回セミナーの開催報告へ

電子行政研究会の第2回セミナーを下記のとおり開催しました。

政府は、税と社会保障の一体改革の中で、個人識別番号(マイナンバー)の実現を目指しています。マイナンバーは給付と負担の公正性と明確性を確保するための基盤であり、当面、社会保障支出に上限を設ける総合合算制度や給付付き税額控除に利用される予定です。

今のところマイナンバーの活用範囲は限定されていますが、将来その範囲が拡大すれば、行政事務全般が効率するばかりでなく、私たちの生活やまちづくりの基盤としての電子行政・官民連携サービスへの発展可能性も期待できます。一方で、国家管理のマイナンバーは地域主権の流れに反するのではないかという懸念も表明されています。

そこで、「マイナンバーの活用はどのような未来を拓くか」をテーマとして、セミナーを開催しました。

主催

主催: 特定非営利活動法人情報通信政策フォーラム 電子行政研究会

開催日時

2012年3月12日(月曜日)
18時00分 から 20時30分 まで
(17時30分より受付を開始)

場所

ホテル ルポール麹町  2階 「マーブル」
東京都千代田区平河町2-4-3  TEL 03-3265-5361
交通・アクセス (ルポール麹町のホームページへ移動します)

テーマ

  「マイナンバーの活用はどんな未来を拓くか」

プログラム

第2回セミナー プログラム
時間内容・講師
18:00~18:20
基調講演: 
大串 博志 (内閣府大臣政務官)
18:20~18:45
講演: 自治体はマイナンバーをどう活用するか
足立 祥代 (国際公共政策研究センター 主任研究員)
18:45~19:10
講演: マイナンバーの先に見える未来
榎並 利博 (株式会社富士通総研 主席研究員)
19:10~20:30
パネル討論
司会: 山田 肇 (東洋大学教授、情報通信政策フォーラム理事長)
パネリスト:(あいうえお順)
足立 祥代 (国際公共政策研究センター 主任研究員)
阿部 知明 (内閣官房 社会保障改革担当室参事官)
榎並 利博 (株式会社富士通総研 主席研究員)
須藤 修 (東京大学教授)
高井 崇志 (民主党衆議院議員)
奈良 俊哉 (内閣官房 副長官補室参事官)

※プログラムは、都合により変更となる場合があります。

参加費

申込方法